自動車産業の技術開発・研究開発を石膏鋳造技術で支援

  • ADC12合金、ダイカスト製品の試作で
    型費を抑えることが可能
  • アルミ鋳造試作の調達は、量産図面のみ
    美しい鋳肌、高い寸法精度

現在、車の電気自動車(EV)化の流れは進んでおり、EVに対応する新しい部品をつくっていく必要性があります。そのような状況の中、以下のような課題を持たれている会社も多くあります。

  • 筐体設計・熱設計、量産時の条件に近い試作品で評価できないか?
  • 金属部品の小ロット製造に対応している企業、鋳造方法はないか?
  • 展示会向けのアルミ鋳造品を、短納期で製造できるか?

共栄デザインの石膏鋳造が解決します

お問い合わせ・見積依頼をする

自動車部品の石膏鋳造可能例

  • EV(電気自動車)

    PCUケース、モータケース、インバータケース、バッテリーケース、コンバータケース、eアクスル

  • EPS(電動パワーステアリング)

    モータハウジング、減速機、ECU、電動パワーステアリング

  • 各種ケーシング

    車載充電器、ステレオカメラ、インホイールモータ、軽量化のための薄肉(オイルポンプ、ウォーターポンプ、インテークマニホールド、LEDヘッドランプヒートシンク、リフレクター)

  • 変速機

    トランスミッションケース、コントロールバルブボディ

  • 精密鋳造品 肉厚:0.5mm~5mm、複雑形状に対応
    • サイズ:500x500x600mm(最大長辺800mmも実績あり)
    • 肉厚 :0.5mm(部分的)~5mm 平均では、2.5mm ※抜き勾配ゼロで製作可能
    • 重量 :10Kgまで
    • 三次元座標測定機で寸法検査を実施

石膏鋳造で得られる効果

石膏鋳造は、金型で作るほどの量産品ではなく、精度や複雑な形状が求められる場合に最適な工法

  • アルミ・亜鉛など
    軽金属材料の
    精密鋳造に最適
  • 石膏の鋳型を使用するので
    ダイカスト品並みの
    美しい鋳肌、寸法精度
  • 樹脂成形品の試作も、
    真空注型で並行して
    製造可能

石膏鋳造で得られる効果を詳しく見る

石膏鋳造に関するよくあるご質問

Q1石膏をどうやって鋳型にするのでしょうか
A1石膏鋳造の製作工程を紹介しています。ご参考ください。詳細ページ
Q2石膏鋳造の寸法精度が知りたい
A2他工法との比較表を紹介しています。ご参考ください。詳細ページ
Q3石膏鋳造の一般的な納期を知りたい
A33Dデータお預かりから、3~4週間で鋳造品の頭出しが可能。鋳造品への機械加工も対応しております。

石膏鋳造のマスターモデルとしてプラスチック製品の加工もいたします。
図面など仕様をいただければ、最適な材料・加工方法でお見積もりをいたします。

お問い合わせ・見積依頼をする

TEAMS、ZoomにてWeb商談実施中
その他のツールにも対応可能です。
お問い合わせの際にご指定ください。